超近距離引越し | 至近距離の引越し料金は?

引越し業者
【引越し見積もり節約術】失敗しない引越し業者の選び方 > > 超近距離引越し | 至近距離の引越し料金は?

超近距離引越し | 至近距離の引越し料金は?

surprise.png

近いんだから引越し料金をとにかく安くしたい!』と考えるのは普通のことですね。

では、現住所から引越し先まで数百メートルくらいしか離れていない、もしくは同じマンションの別の部屋へ引越すというような、いわゆる超近距離引越しの場合、どの引越し業者が1番安くてオススメでしょうか?

そもそも至近距離の引越しなら、レンタカーを借りて自力で運ぶ方法もあります。今回はこれから超近距離の引越しをする方に格安で引越しをする方法を紹介します。

超近距離引越しは業者選びで料金が変動する?

引越し料金は、移動距離が短いほど安くなります。さらに荷物が少なければもっと安く引越しができます。しかし、引越し料金に定価はありませんので、どの業者を使うかによって料金が信じられないくらい変動します。

移動距離が短い近距離引越しでも、業者の選び方次第で数千円から数万円ほど安くなる場合があります。引越し業者が提供するサービスの中で、単身パックという一人暮らし向けのプランや、時間指定なしで日程だけ決めるフリー便をうまく活用すれば、激安で引越しができます。

荷物が少ない場合は1万円以下に抑えることもできますし、荷物が多くても2〜3万円あれば十分に引越しができます。

レンタカーを借りて自力で引越しをする場合は、結局レンタカー代がかかり、さらには自分で運ぶ必要があるので意外に労力の割に合わない結果となる可能性があります。

至近距離の引越しなら、引越し業者の安いプランをうまく活用して時間とお金を節約する方法が1番オススメです。

引越し価格ガイドを活用すると、近距離引越しの料金の相場を一発で把握できるので便利です。無料の一括見積もりサイトなので、お金と時間が節約できてオススメです。

近距離なので細かい荷物は自分で運んで、家具やベッド、冷蔵庫のような大型の荷物だけ運んでもらうという方法も有りですね。自力で引越しをしようとして、万が一荷物を落として壊したり、ケガをしてしまうと大変ですね。

マンションの場合は、エレベーターがないと運ぶのは苦労しますからね。トラブルなく引越しをするためにはプロの引越し業者に任せた方が安全で楽チンです。

インターネットの見積もりサイトは、当日や前日に見積もりの依頼をしても対応してくれますが、引越し業者が足元をみて高い料金を提示してくるかもしれませんので、できれば早めに(1週間前)見積もりを済ませましょう。

各引越し業者のホームページや口コミサイトで色々と調べてみましたが、近距離引越しで満足度の高いオススメの引越し会社は以下のようです。もし悩んでいる方は、ネットの一括見積もりの無料サイトを使って、シミュレーションしてもよいかもしれません。

  1. 日通の単身パックS・L
  2. クロネコヤマトの単身引越サービス 
  3. アリさんマークの引越社のミニ引越しプラン

hikkoshi-gyosya.png

【無料】近距離で1番安い引越し業者を探す(こちら)

近距離引越しの相場は?

距離が短いほど引越し料金は確実に安くなります。つまり長距離引越しよりも、至近距離の引越しの方が圧倒的に安くなります。近距離の目安としては20km圏内です。同一市内であれば問題ないですが、県外に引越す場合は長距離引越しとなるため、近距離の格安料金が適用されないケースがあるので注意が必要です。

一人暮らしの引越しでワンルーム〜1DKに住んでいて、ダンボール箱が10箱程度の近距離引越しの相場は、繁忙期(1〜4月)で3万円前後、閑散期(5月〜12月)なら繁忙期の半額の1.5万円前後となります。就職や進学、転勤、上京などの時期に引越しが集中するため、引越し業者側が受け入れを制限します。

つまり、引越しの相場は時期によって変動するため、ハイシーズンであるほど引越し業者側が高い見積もり金額を提示してきますので、閑散期の2倍以上かかるということを念頭に置いておきましょう。近所へ引越しをするだけなのに、3万円以上かかることもあります。

土日引越しの場合や縁起の良い日(六曜の大安)は高くなる傾向があるため、フリー便(日時指定なし)や格安プランの単身パック等を利用して、できるだけ安いプランを選びましょう。

至近距離の引越しでも自力引越しをオススメしない理由

近所だから引越し業者に任せずに、自力で引越しをして安く済ませようと考えがちですが、正直自力引越しはオススメできません。

私自身、社会人になって初めて一人暮らしを経験しましたが、その時は友人の協力のもとハイエースを借りて引越しをしました。田園都市線の用賀駅から半蔵門線の表参道駅へ引越しをしましたが、レンタカー代5000円+謝礼として焼き肉代5000円で合計1万円かかりました。

引越し作業は思った以上に時間がかかったため、半日以上は搬送作業で終わりました。冷蔵庫や洗濯機の搬送が1番手強かったです。

半日以上、潰してしまいそれで料金1万円だったので、最初からプロの引越し業者にお願いをして、素早くそこそこの金額で引越しを終わらせておけばよかったと後悔しました。

さらに自力引越しのデメリットとしては、荷物を落として壊したり、新居の壁に傷をつけてしまったとしても補償は一切ないことです。お皿やコップ程度なら破損しても新しいものを買えば済みますが、万が一、貴重なガラスケースやトロフィー、全身鏡などを壊してしまうと、かなりの痛手になりますね。

近場の引越しで、どうしても引越し業者を使いたくないひとは、赤帽がオススメです。赤帽は輸送業者なので、引越し業者よりも料金は割安になります。ただし、赤帽は自分自身も搬送作業を手伝う必要があるので注意しましょう。

近距離引越しの価格交渉術

近所の引越しでも、引越し業者に相見積もりをすると、見積もり金額に1〜2万円の開きがでます。引越し業者側のさじ加減で価格が設定されるため、見積もりをされた金額のまんまで引越しをすると、相場よりも若干割高で引越しをすることになります。

引越し業者も営利企業なので、最初に提示する見積もり金額は相場よりも若干高い価格帯を提示します。若干高い理由としては、大幅に高い金額をふっかけた場合、競合他社にお客さんを奪われてしまうからです。

少し高い金額で見積もりをだすことで、利益を確保しつつお客さんに選んでもらえる確率が上がるからです。なので、前提として最初の見積もり金額で即決しないでください。

今回は、私が実践している価格交渉術をお伝えします。

ステップ1

引越し一括見積もりサイトで5社以上へ見積もりをします。引越し価格ガイドや引越し侍、ズバット引越し、SUUMOやHOME'S、引越し達人セレクトなど色んなサイトがありますが、どのサイトでも問題ないです。複数の引越し業者へ見積もりをすることが大事だからです。

ステップ2

引越し一括見積もりをした後に、一旦、携帯電話やスマートフォンの電源を切っておきます。各引越し業者の見積もりをメールで確認します。電話にでると時間が大幅にかかる点と、引越し会社のオペレーターの営業トークにつられて、まんまと乗っかってしまう可能性もあるからです。何よりも、しつこい営業を断るのはしんどいですからね。

ステップ3

価格が安い引越し業者を3社ほどピックアップして、料金が高く見積もりをされた会社から電話して交渉を図ります。交渉材料としては、最も安い金額を提示された引越し業者の名前を出すことです。最も安い引越し業者の価格よりも下げられるかどうかを電話で聞いていきます。

ステップ4

上記、ステップ3を2社にすることで、その時点で最安値の業者が決まります。もし、価格競争が起きて当初よりも安い金額になった時は、最後の3社目の引越し業者へ1番安い見積もり金額を提示してくれた引越し業者の名前を伝えて、価格交渉を行っていきます。

ステップ5

ステップ4で最も安い引越し業者が決定するので、最後にその引越し業者へ電話して、他社も同じ金額で見積もりをしてきたので悩んでいる旨を伝えましょう。そして、もう少し安くしてくれたら、いますぐに即決して契約する旨を伝えましょう。もう一段階、割引されるかもしれません。

上記、流れで価格交渉をすれば間違いなく最初の見積もり金額よりも安くなります。これから引越す予定のひとは、上記の交渉術をぜひ実践して引越し料金を節約してみてください。


超近距離引越し | 至近距離の引越し料金は?関連ページ

北海道札幌市と東京間の引越し料金の相場は?1番安い引越し業者は?
北海道札幌市⇄東京の長距離引越しの料金の相場を調べてみました。単身引越しや家族の引越し、荷物量に応じて大幅に料金が変動します。また長距離引越しをするときにオススメの引越し業者を探すコツを紹介します。
東京と大阪の引越し料金の相場は?安い引越し業者を探すコツ
東京⇄大阪の引越し料金の相場を引越し業者へ見積もりをしてまとめました。繁忙期と閑散期、一人暮らしと家族、荷物量によって料金は大幅に変動します。東京と大阪間で`番安い引越し業者を探すコツを紹介しますので参考にしてみてください。
【単身パック】アートVSサカイVSアーク、どの引越し業者が良い?
アート引越しセンター、サカイ引越しセンター、アーク引越しセンターの3社の単身パックの料金をを比較してみました。単身パックで悩んでいる方にオススメの選び方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
引越し見積もりは匿名OK?個人情報漏れが心配な時の対処法
引越し料金の相場を把握したいけど、個人情報は入力したくない!そんな時は、匿名で見積もりしても問題ないのでしょうか?匿名で見積もりをする際の注意点やオススメのやり方を紹介します。
ものタク便で引越しはあり?ものタク便は画期的なサービスかも!
タクシーの機能があるトラックで格安に引越しができるサービスをご存知ですか?ものタク便を使えば、今までの引越し業者を利用したり、自力引越しで苦労するよりも、手間やお金を節約できてオススメです。
引越し立ち寄りプランで節約!2カ所積み降ろし可能な引越し屋
引越しの立ち寄りプランは、2カ所で積み降ろしをするプランです。引越し屋に一度にまとめてお願いをした方が、料金が節約できるのでオススメです。私の引越し体験談をもとにオススメのポイントや注意事項を書きます。
【引越し割引】マル秘テク!カード会員割引や優待でお得に引越し
引越し料金を大幅に割引するために、3つのマル秘テクニックを紹介します。見積もりをする前の事前下調べで、引越し料金を格安にできるので、使わない手はないですね。カード払いや福利厚生がポイントです。
スマホで簡単引越し見積もり!アプリで引越しの段取りチェック
スマホで引越し見積もりを簡単に済ませよう。引越しの段取りをアプリでチェックしてスムーズに作業をする方法や、あまり知られていない料金を安くできる裏技を紹介します。
引越し費用をローンで借りてはダメ!まずは負担を減らすことから
なぜ引越し費用をローンで組んではいけないのでしょうか。引越し資金をローンで調達する前に、必ず押さえておきたいポイントを紹介します。お金を借りる前に、まずは負担を減らすことから考えましょう。
【引越し裏技】引越し屋さんも驚愕の裏テクニック5選
引越し料金って正直高いですよね?本音でいうと1円でも安く済ませたいところ。今回は料金を大幅に安くする、引越し屋さんも驚愕の裏技を5つ紹介します。これから引越す予定の方必見の裏テクニックです。
車検費用をクレジットカードで支払い得する方法
車検費用は5万円〜9万円程度が相場となりますが、現金で支払うと負担が大きいですよね。クレジットカードで分割払いをすると1回当たりの負担が減り、ポイントも貯まるのでオススメです。法定料金を含めてカード払いが可能なお店を簡単に探す方法を紹介します。
引越しで二重家賃を回避し初期費用を抑える方法!
新生活に向けて引越しをする時に注意したいことは、旧居と新居でともに家賃が発生してしまうことです。二重家賃は、正直負担が大きく、できれば回避して初期費用を抑えたいものです。今回は二重家賃を避ける方法を紹介します。
マイナンバー制度で引越し手続きは簡単になる?
2016年1月からマイナンバー制度が開始。引越しに関わる電気・ガス・水道・インターネットなどインフラ周りの手続きは、どのように変わるのでしょうか?引越し前後に事前に確認しましょう。
断捨離でミニマリストへ!少ないものでシンプルに暮らす生活
極限までモノを減らし生活を送るミニマリストが増えています。最低限のモノしかもたずにシンプルな暮らしをするミニマリストの価値観やメリットについて紹介します。
引越し予約サイトが超便利!口コミや空き状況が事前にわかる!
引越し予約サイトは、これまでの引越し業者への一括見積もりサービスとは異なり、事前に業者の空き状況や口コミをみることができます。一斉に電話がかかってくることもなく、自分で最安値の引越し業者を選べるので超便利です。
車を高く売るコツ!中古車一括査定サイトで最高額で売却
車を高く売るときに1番オススメの方法は、中古車一括査定サイトで最高額で売却できる店を探すことです。相場を把握せずに、カーディーラーへ下取りをしてしまうと後悔するかもしれません。しっかりとコツをおさえて、高値で売りましょう。
物件選びは仲介手数料無料のnomadとスマ部屋が断然お得!
賃貸物件を探す時は、仲介手数料無料のnomadとスマ部屋がオススメです。私の引越し体験談をもとに、いかにして初期費用を抑えてきたか紹介します。これから引越す方に参考になれば幸いです。
仏壇や神棚の引越し注意!オススメの引越し方法や処分の仕方
仏壇や神棚の引越しは注意が必要です。引越し方法や必要な手順、処分の仕方をしっかりと押さえて専門の業者にお願いしましょう。オススメの業者や相場について紹介します。
引越し前後のスケジュール【チェックリスト】手続き手順ガイド
引越し前後のスケジュールをしっかりと押さえて、やることを明確にしましょう。事前に手順や手続きを把握しておけば安心です。チェックリストを参考に、スムーズに引越しを完了させましょう。
タワーマンションや高層ビルへ引越しをする時の注意点
タワーマンションや高層ビルへ引越しをする場合に気をつけておきたいポイントを紹介します。引越し業者の選び方や管理会社への確認など、注意すべき点を理解しておかないと後悔することになります。
レンタカーで引越しならハイエースがオススメ!
引越し費用を少しでも安くしたい場合は、あえて引越し業者を使わずにレンタカーを借りて自力で引越しをするという方法があります。オススメの車選びやレンタカーのサイト、注意点について紹介します。
【少量引越し】赤帽いいとも急便は格安でオススメ!
学生や一人暮らしの単身引越しで荷物が少量の人は、赤帽いいとも急便が安くてオススメ!赤帽いいとも急便の特徴や料金について紹介します。さらにもっと引越し料金を安くしたいという方に参考になる内容をお届けします。
東京の引越し業者 | 東京都23区内のオススメ引越し業者
東京都への引越しや東京23区内で引越しをする場合の安くてオススメの業者を紹介します。家族と単身引越しでは金額が変わってくるので、事前に把握しておくことが重要です。
シェアハウスへ引越し!賢いシェアハウスや引越し業者の選び方
シェアハウスへ引越しをしたい方、これからする予定の人に向けた記事です。賢いシェアハウスの選び方や注意点、ソーシャルアパートメント、引越し業者の選び方について紹介します。
沖縄の引越し業者 | 那覇市で1番安い引越し業者は?
沖縄県でオススメの引越し業者について紹介します。那覇市周辺で1番安い引越し業者はどこでしょうか?格安業者を探すコツや注意点について紹介します。ポイントは一括見積もりです。
愛知県の引越し業者 | 名古屋市で1番安い引越し業者は?
愛知へ引越しをする時や、名古屋市内での引越しなどの場合は、どこの引越し業者が1番安いでしょうか?最安値の業者を探すコツを紹介します。
京都の引越し業者 | 京都市のオススメ格安業者は?
京都には地域密着型から大手引越し業者など数多くあります。赤帽or単身パックor宅急便なのかというように悩めば悩むほど答えが見つからなくなってしまいますね。京都のオススメの引越し業者を紹介します。
北海道の引越し業者 | 札幌市の格安引越し業者
北海道への引越しや北海道内での引越しの場合、特に長距離引越しなら5万円から10万円以上、料金が安くなる可能性があります。5社以上の業者へ相見積もりをして価格競争をすることが安く引越しを済ませるポイントです。
埼玉の引越し業者 | さいたま市の安いオススメの引越し業者
埼玉で1番安い引越し業者はどこでしょうか?ネットの引越し業者の評判や口コミ情報だけでなく、実際に見積もりをして自分にピッタリの業者を探しましょう!これから引越す予定の方に参考になる情報をお届けします。
千葉の引越し業者 | 1番安い業者の探し方・見積もり方
千葉で1番安くてオススメの引越し業者はどこでしょうか?格安の引越し業者の探し方や見積もり方、参考サイトの紹介をします。これから引越しを考えている方に参考になる情報をお届けします。
引越し夜逃げにオススメの業者は?夜間に訳あり引越し!
借金や彼氏の暴力、家庭内暴力、ストーカー被害が原因で夜中に引越しをする方は多いです。周りに気づかれずに夜逃げをする時の注意点やオススメの引越し業者の探し方について紹介します。
引越し屋と便利屋、料金が安くてオススメはどっち?
引越し料金をとにかく安くしたい時は、引越し屋と便利屋ではどっちがオススメでしょうか?それぞれの特徴や料金体系を把握して、自分に合うサービスを選びましょう。私の体験談をもとにオススメのサイトを紹介します。
超近距離引越し | 至近距離の引越し料金は?
超近距離引越しは少しでも安く済ませたい!でも一体どこの業者が1番料金が安くでオススメなの?と疑問に感じてしまいます。今回は至近距離の引越しを格安で済ませるコツを紹介します。 間違っても自力引越しはやめておきましょう。
引越し業者の選び方 | 〜大手業者VS中小業者〜まとめて比較
引越し業者は大手業者から中小業者まで国内で250社近くあります。ここまで多いとどこが良いのか悩んでしまいますね。失敗しない引越し業者の選び方のコツを紹介します。
引越し挨拶の基本 | 時間帯(タイミング)と挨拶品について
引越し先での挨拶の基本についてまとめています。挨拶をする時間帯(タイミング)や挨拶品の相場や品物について具体的に紹介します。これから引越す方が事前に押さえておくべきポイントを理解して、スムーズに終わらせましょう。
2月、3月の引越し料金は高い?引越し相見積もりがポイント!
2月、3月は引越しがピークに達する時期です。通常よりも引越し料金の相場が非常に高くなります。値下げ交渉も難しいため、相見積もりをして安い業者を探すことがポイントです。
人力引越社は安いって評判!実際はどう?人力引越社の口コミ
人力引越社は京都に本拠地を構える引越し業者です。大手引越し業者と比較すると、知名度こそはありませんが、安く引越しができると評判の高い業者です。安い秘訣や更に安くする方法について紹介します。
引越し自宅訪問見積もりと電話見積もり、どっちがよい?
引越しの見積もりは、自宅訪問と電話見積もり、どちらがよいでしょうか?それぞれのメリットとデメリットについてまとめました。これから引越す方に参考になる情報をお届けします。
冷蔵庫の引越し | 調味料や中身を運ぶ時の注意点
冷蔵庫の引越しの注意点や引越し業者の選び方について紹介します。調味料や中身を運ぶ時など、事前や当日中、事後対応をしっかりと把握してスムーズに引越しを完了させましょう。
単身パック料金比較!日通VSヤマトVSアリさん、最安値は?
引越し業者の格安プランである『単身パック』は、日通やヤマト、アリさんマークの引越社が安いと評判です。しかし、最安値の単身パックは一体どこの業者でしょうか?近距離で少量引越しをするときの具体的な料金や失敗しない選び方についてまとめて紹介します。
引越し直後にバルサンで害虫駆除!
引越し直後にバルサンを焚いて害虫駆除をおこなうことが大事です。ゴキブリだけでなく、小さな虫やダニ、ノミなど肉眼でみることができない害虫がいると気持ち悪いと感じてしまう方は多いでしょう。快適な暮らしをおくるために事前にバルサンで害虫を駆除することをオススメします。
引越し一括見積もりサイトを使うメリット&デメリット
失敗しない引越し業者選びのコツは、複数の業者へ見積もりを依頼して材料を揃えることです。引越し一括見積もりサイトを使うと時間が短縮できて便利です。メリット&デメリットについてまとめて紹介します。
自力引越しVS引越し業者、どっちがお得?
自力引越しVS引越し業者、時間や労力やお金を考えると、実際どちらがお得なのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。これから引越す予定の方に参考になればうれしいです。
海外引越しにオススメの業者は?海外赴任も安心!
海外赴任や国際結婚、語学留学やホームステイで、日本から海外へ引越しをしなければいけない時にオススメの引越し業者を紹介します。しっかりとポイントを押さえれば、海外の引越しもスムーズに終わります。
ゆうパックや宅急便で引越しをした時の料金は?
ゆうパックや宅急便を使って引越しをする場合、いくら料金がかかるか調べてみました。引越し業者の単身パックを使うか、ゆうパックや宅急便を使うか、悩んでいる方に参考になる情報をお届けします。
雨や雪の日の引越しは注意が必要?
引越し日に雨や雪が降ってきた場合、もしくは天気予報で引越し当日に天気が悪いと事前にわかっていた場合、どうすればよいでしょうか。引越し当日の注意点や発生し得るトラブルなどについて紹介します。
夜中(深夜帯)や早朝の引越しで注意すべき点は?
引越しをしたいけど、どうしても日中は忙しくて時間を作れない!でも夜中(深夜帯)や早朝に引越しをするのって、実際にどうなの?夜の遅い時間や朝の早い時間帯で引越し作業をする時の注意点について紹介します。
【要注意】新築マンションの一斉入居で幹事会社以外の引越し業者はNG?
新築マンションへの一斉入居で幹事会社からオススメされる引越し業者を使わなくても問題ないのでしょうか?引越し費用が高すぎるのでは?と感じたなら、幹事会社以外の別の引越し業者にも見積もりを出してみることをオススメします。
WiMAXと固定回線のADSLどちらが回線速度が速いか?
引越しのタイミングでインターネットも引越しをする必要がありますが、WiMAXと固定回線のADSLはどちらが回線速度が速いのでしょうか。速度や料金を踏まえて、自身に合う方を選びましょう。
アート引越しセンターの見積もり金額は妥当?
アート引越しセンターの見積もり金額は妥当でしょうか?アート引越しのオススメプオリジナルプランや特徴、見積もり金額について紹介します。これから引越す予定の方に役立つ情報を提供します。
アリさんマークの引越社の見積もり料金を安くするコツは?
大手引越し業者のアリさんマークって、料金は高いのでは?と感じる方は多いです。アリさんマークの引越社で引越すメリットや特典、見積もり金額を安くするコツについて紹介します。
高齢者の引越しはシニアパックがオススメ
高齢者の引越しの注意点やオススメの引越し業者について紹介します。引越しは精神的にも肉体的にも負担がかかるイベントなので、しっかりとしたプロの業者にお願いをしましょう!特にシニアパックを提供している業者がオススメです。
引っ越すお金がない時のオススメの対処法
『さあ、引っ越そう!』と思っても、お金がないから無理・・・となる人は少なからずいると思います。引っ越すお金がない時にはどうすればよいでしょうか?今回はお金がない時にオススメの対処法について紹介します。
単身女性の引越しはレディースパックがオススメ
単身女性の引越し時の注意ポイントを紹介します。エアコンや冷蔵庫の設置、盗聴器発見サービス、女性スタッフのみの引越しプランなど、女性向けにオススメの引越し業者を紹介します。
近距離引越しは安さで選ぶと後悔する?
近距離引越しは安さで選ぶと後悔するかもしれません。安さ重視で選ぶ時のデメリットや、近距離引越しにオススメの方法について紹介します。
引越し料金を1万円以下にする方法と0円引越しについて
引越し料金の予算が1万円しかない。そんなアナタでも大丈夫!1万円以下で引越しをする方法と0円引越しのカラクリについて紹介します。レンタカーや単身パックなど、安く済ませる方法を知った上で、賢い選択をしましょう。
長距離引越しにオススメの業者を選ぶコツ
長距離引越しはどの業者がオススメでしょうか?また長距離の引越し費用の相場はいくらでしょうか?これから長距離引越しをする方に参考になる情報をお届けします。
引越し見積もりいつからが良い?荷造りと準備のコツ
引越し見積もりいつからが良いのでしょうか?見積もりのタイミングや荷造りと準備のコツを紹介します。これから引越す予定の方に参考になる情報をお届けします。
引越してすぐまた引越しは大丈夫?
引越してすぐまた引越しをするのは大丈夫でしょうか?騒音などのトラブルを事前に避けつつ、引越し費用を格安で抑えるようにして対策をすることが重要です。
学生の引越しは学割プランがオススメ!
学生が引越しをする時は、通常の引越しプランではなく学割プランがオススメです。学割プランは引越し業者によって、割引金額が異なりますが、通常の引越しプランよりは大幅に値引きされます。
タクシーで引越し?それとも単身パック?
近場で荷物がほとんどないなら、タクシーで引越しをするか、引越し業者の単身パックを使って引越しをするかのどちらか2択がオススメです。メリットとデメリットを事前に把握しましょう!
赤帽引越しの失敗談 | 赤帽のメリット&デメリット
赤帽で引越しをするメリットとデメリットを紹介します。料金重視のひとは赤帽がオススメですが、自分で搬送作業を行う、荷物の破損時の保証がないなど、事前に知っておく必要があります。
クレジットカードが使えるオススメの引越し業者
引越し費用をクレジットカードで支払って、初期費用を最小限に押さえると負担が少なくてオススメです。クレジットカードが使えるオススメの引越し業者と見積もりの仕方について紹介します。
【急な引越し】当日の引越しでも安い業者を探すたったひとつの方法
急な引越し時に押さえておきたい重要なポイントを紹介します。明日の引越し、当日引越しなどの急な対応でも、1番安い引越し業者を探す方法、価格を値下げする交渉をお伝えします。また、急な引越しで忘れがちな引越し前後のスケジュールも併せて把握しておきましょう。

コメントする